COLUM

機械式駐車場問題を考える

第11回:機械式駐車場の適切なメンテナンスとは

機械式駐車場メンテナンスの3要素:「動作確認」、「調整」、「給油」

機械式駐車場のメンテナンスの3大要素、「動作確認」、「調整」、「給油」。まず、この3つが実施されているかどうかが、機械式駐車場の状態を診断する上で重要。

先月(2018年3月31日)に私が専属でコンサルタントを務める(一社)マンション管理組合支援センター主催のセミナーで「機械式駐車場の対応を探る」という題目で講演させて頂きました。当セミナーでは「機械式駐車場のメンテナンスの3要素」と「機械式駐車場の専門家に相談するタイミング」に焦点を当ててお話させて頂きました。今回のコラムでは「機械式駐車場のメンテナンスの3要素」についてご紹介したいと思います。  
機械式駐車場のメンテナンスと聞いて、真っ先に何を思い浮かべるでしょうか。勿論、メンテナンス報告書(以下、定期点検報告書)を見れば何をしているかは直ぐにわかります。
 
しかし、定期的にメンテナンスは実施されているはずなのに、どうも機械式駐車場の調子がおかしい、いつまでも不具合が続く。定期点検報告書では「点検済み」と記載されているが、実際には実施された形跡がない。このように「適切なメンテナンス」が実施されていないのではないか?と疑うようなケースが私のところにも多く相談が寄せられます。
 
「適切なメンテナンス」とは、「動作確認」「調整」、そして「給油」の基本的な機械式駐車場のメンテナンスの3要素が、バランスよく実施されているメンテナンスのことを「適切なメンテナンス」と私は称しています。メンテナンスは機械式駐車場を安全に使用して頂くだけでなく、長く使用して頂く為にも大変重要です。例えば、給油を怠った場合は、給油箇所(チェーンや駆動系統等)の不具合に直結し錆や劣化がもたらす故障、重大な事故を引き起こす原因にもなります。
 
では、「適切なメンテナンス」が実施されているかどうかを確認・管理するにはどうすれば良いのでしょうか。残念ながら、一般の方(マンション管理組合・オーナー様)が確認するのは難しいのが現状です。機械式駐車場内に入って運転・確認する行為は危険が伴いますし、実際に機械を見ても分からないと思います。しかし、定期点検を行っているにも関わらず、機械の不具合不調が続くなど「おかしい」と思ったら「メンテナンスの3要素がきちんと実施されているか」を疑問視して頂き、機械式駐車場の専門家(第三者機関)に相談し、診断・査定して貰うことをお勧めします。そこで、お客様の機械式駐車場の現状と不具合の原因を正しく把握することが、解決への一歩です。
 
今回のコラムでは、「機械式駐車場メンテナンスの3要素」についてご紹介させて頂きました。私も含め、機械式駐車場診断・査定する際はこの3つの要素を徹底的に細かく調査します。この3要素をお客様ご自身で確認するというのは難しいと思いますが、この「機械式駐車場の3要素」があるということを事前に知っておいて頂くことが、お客様の機械式駐車場の対応にも大いに役立つと思い今回ご紹介させて頂きました。
 
また別の機会に「機械式駐車場の専門家に相談するタイミング」についてコラムでご紹介させて頂きたいと思います。
 
 一級建築士・機械式駐車場開発者(代表取締役社長)
野村恭三